本支店会計 未達取引 本支店合併

日商簿記第107回 簿記2級 第一問からの出題です。


【問題5】京都商事株式会社の本店は、本支店合併の純利益を計算するにさいし、支店より支店純利益¥500,000の報告を受けた。なお、本支店間の未達取引を調査したところ、本店で立替払した支店負担の利息¥8,000の取引が支店に未達であったことが判明したが、これに関して支店では未処理である。解答は、未達考慮後の支店純利益を計上するために必要な本店の仕訳だけを示せばよい。



【ヒント】本支店会計の問題です。未達取引を処理し、支店の損益を本店で受け入れ、会社全体としての損益で決算を行います。




【解答】
支店492,000損益492,000


未達取引について:
本店では、支店負担分の利息の支払について
支店8,000現金8,000

という仕訳を行っています。

したがって支店では次の仕訳を行わなければなりません。
支払利息8,000本店8,000

損益8,000支払利息8,000

つまり、支店純利益は500,000-8,000=492,000となります。

この支店純利益を本店で吸い上げます。



簿記2級は難しい問題でも、仕訳ができればなんとか解くことができます。そして、問題文を速く、正確に読み取る力が合否を左右します。
基本事項が頭に入ったら良問の演習をたくさん行うと合格がぐっと近づきますよ。